婚約指輪(エンゲージリング)は「いらない」という女性の本心は?

婚約指輪(エンゲージリング)は「いらない」という女性の本心は? 婚約指輪は、昔は多くの男性が女性にプロポーズする時に一緒に渡すものでしたが、最近は女性の方から「いらない」と言われる場合が増えてきているそうです。
もらったら嬉しいはずの婚約指輪ですが、「いらない」という女性は、はたして本心で言っているのでしょうか?
必要ないと思う女性の本心としては、「いずれ結婚指輪を貰うからいらない」「買わずに浮いたお金を旅行などに使いたい」という現実的な意見が多いそうです。
将来の貯金のために買わないという選択肢は賢いようにも思えますが、実際に婚約指輪を貰わずに結婚したカップルは、貰ったカップルに比べて離婚率が上がるというデータもあると言われています。
他には、披露宴を行わなかったカップルも離婚率が高いそうです。
もちろん、婚約指輪はなくても仲良くいられるカップルもいるとは思いますが、やはり結婚という人生でとても大切な瞬間で、愛情を伝えるためのプレゼントがあるのとないのとでは、今後の2人の関係も大きく変わってくるのかもしれませんね。

いる?いらない?”婚約指輪”を選ぶ時におさえておきたい事

最近の結婚式の傾向として、立派な結婚披露宴や素敵な婚約指輪はなしという「ナシ婚」を選択するカップルも増加しています。
自分たちの懐事情を考えたり派手なことを嫌ったりという風潮ですが、必要かどうかは結婚する二人が決めることなので、独りよがりにならないようにしましょう。
婚約指輪を選ぶ時は贈る相手の趣味に合わせたものを選ぶと、喜ばれて一生大切にしてくれることでしょう。
また、ダイヤモンド付きの婚約指輪を選ぶ際は、鑑定書を絶対の基準にしないようにしましょう。
ダイヤモンドを選ぶ時、男性で明確な基準を持って選ぶ人はほとんどいないために、鑑定書のスペックを信用して最高ランクのものを選ぶ人が多くいます。
しかし、最高ランクのものは当然ながら非常に高価なので、予算の都合で小さなダイヤモンドしか選べない恐れがあります。
素人にはランクの高低はほぼわからないので、ランクを落として大きなダイアモンドを贈ったほうがよいでしょう。