婚約指輪と結婚指輪、各々の意味

婚約指輪と結婚指輪、各々の意味 結婚が決まったら購入すべきものとして婚約指輪と結婚指輪があります。
婚約指輪は男性から女性に対して贈る結婚の約束、永遠の愛の誓いを込めた指輪で、高額であることが多いです。
ダイヤモンドがついていることが多いですが、その石は天然石の中で最も硬いと言われておりそれがいつまでも固く結ばれた絆、変わることのない固い愛を意味しています。
また、高額であることで、自分に何かが起こった時それをお金に換えて家族の生活を守れるようにという意味もあります。
結婚指輪は二人が結婚の約束として一生身に着ける指輪で、離れている時も相手を感じることができるものです。
常に指にはめているのでシンプルで邪魔にならず、飽きの来ないデザインが人気です。
こうした婚約指輪や結婚指輪は左手の薬指にはめますが、この指には心臓からつながる大切な血管が流れているとされているので、永遠を意味しその愛の深さや絆、二人で衣装共に歩んでいくといった愛が込められているのです。

思いを伝えこぼさないための婚約指輪の選び方

婚約指輪は一生に一度の大切な物。
最近は結婚指輪だけで婚約指輪を買わないカップルも増えているようですが、女性ならやっぱり憧れですし、もらったらとても嬉しいはず。
思いを伝えこぼさないためにも婚約指輪選びも注意が必要です。
まずは指輪のご予算をしっかり決めておきましょう。
婚約指輪の一般的なご予算は25〜40万円です。
ダイヤモンドの大きさは0.25ct前後が人気です。
リングのデザインもウェーブライン、ストレートライン、V字ラインと種類があり、それぞれ身につけたときの印象が繊細に変わります。
時期によって流行もございます。
パートナーの好みを事前にリサーチしておくことも大切です。
一緒に店頭へ行き実際にはめて選べば、パートナーのお気に入りの指輪に出会えると思います。
購入後のメンテナンスをどれだけしてもらえるか、アフターケアのチェックも大切です。
サイズが変わってしまったり、ダイヤが取れてしまったり、万が一破損してしまったり何があるかわからないのでアフターケアはどのくらいしているのかもチェックしましょう。